フラット35の審査に通りやすい銀行とは?

念願のマイホームを手に入れる際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどれを選んだら良いのか困ってしまいます。

でも住宅ローンを利用するのは人生に1回の人が多く選び方がわかりません。

ここでは、選ぶ際重要なことをまとめてみました。

まず、最初に行うのは金利変動型のローンにするか固定型のローンにするかです。

金利が低いままならお得だけれど毎月の支払いが高くなる可能性のある変動型と毎月の支払い額が変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型に決めた場合は金利が変わるので比べるポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の事務手数料などを比べる必要があります。

保証料や事務手数料などの金利以外の部分を比べる必要があります。

人生で最も大きな買い物と言われる住宅ですが一括で買うという人はほぼいないと思います。

その場合、住宅ローンを利用して住宅を購入しますよね。

その際、変動型にするのか、固定型にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方ならフラット35がおすすめです。

2008年頃と比べると金利も低く推移してきているので長期間のローンを組むのにいい時期といえます。

金利だけを見ると、変動型の方が1%近く低い数値になっていますが金利変動で毎月の返済額が高くなる可能性があります。

そのため毎月の支払額が安定せず返済計画が立てにくいです。

住宅を購入する際にフラット35の利用を考える場合があります。

多くの人はテレビで名前を聞いたことはあるくらいで実際にはどんなローンなのか、借りるための条件はあるのかといった詳しい情報は知らないのではないでしょうか。

このローンを契約するには、物件購入価格が1億円以下になっているか、床面積が基準以上の広さがあるかといった条件があります。

ローンの主な特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借りられないことや全期間金利固定、保証料0円などが挙げられます。

金利変動が発生しても急に支払額が上がるといったことが起きないので返済計画が立てやすく余裕を持って返済できそうですね。

なかなか使う機会のない住宅ローンですがあまり利用しないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

ここではフラット35を例にして契約をについて解説します。

新築で建てる場合では、最初に借り入れの申し込み、設計審査の申請を行い物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

その審査結果が大体1週間から2週間程度でわかります。

結果が判明したら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請をしなければいけません。

竣工現場審査に合格したら借り入れのご契約や資金の受け取りなどの手続きができません。

住宅を買う際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクがイヤでフラット35で組んだ人もいると思います。

できるなら月々の支払額を今よりも低く抑えたいですよね。

実はフラット35への借り換え融資ができるんです。

その際、メリットが受けられるのは金利差が0.3%以上となっています。

また、変動型ローンへ変更することもできます。

行うかどうかは各銀行機関のHPにあるシミュレーションを利用して毎月の支払額がどう変わるかやその他費用も含めて総合的に見て検討するようにしてください。

借り換えは新たに審査を行うことになるので場合によっては借りられないこともあります。

住宅ローンをはじめとした長期の借入は、できるだけ早く返したいと思ってしまいますよね。

早く返す方法は繰り上げ返済をすることです。

利用者の多い住宅ローンの1種類であるフラット35を例にすると100万円から可能な機関が多いですが10万円から繰上げ返済可能という機関もあるようです。

その際、手数料が発生する場合と発生しない銀行機関があるのでローン選びではこの点もチェックするようにしましょう。

ボーナス併用払いで組んでいる場合には、ボーナス月の請求がずれないように6ヵ月分の合計から可能なことが多いようです。

住宅ローンについて調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人が多いようです。

フラット35とは住宅ローンの中の1つです。

参考:http://www.sos-wplay.com/

民間の金融機関では、長期にわたっての高額融資は住宅ローン融資は資金の調達が難しいと言われています。

その資金調達の難しさやリスクを住宅金融支援機構が取っています。

そのリスクを住宅金融支援機構が取る形になっています。

特徴としては、金利が全期間固定で繰り上げ返済は100万円から可能、デメリットとしては、原則として物件価格の9割までの融資になることや繰上げ返済が100万円からと高額なことなどです。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどが挙がりますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人がいなく、どのローンを選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談に行けば相談できるのかわからないという場合もあります。

固定金利でおなじみのフラット35について聞きたい場合は各銀行機関窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開催している相談会に参加するのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約が必要なようなのでHPで会場などの情報を確認しましょう。

住宅を購入するときに資金調達に活用する住宅ローンですが住宅ローンの多くでは、購入する物件が決まってから審査を始めます。

場合によってはローンが組めないこともあります。

そういった不測の事態が起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば全期間金利が変わらないフラット35の取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というサービスでは物件を決める前に事前に年収や毎月の返済予定額などから借入可能額が確認できます。

他の機関のサイトにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ず活用するようにしましょう。

予算が分かっていれば物件も探しやすくなるのではないでしょうか。

国内には様々な住宅ローン制度があります。

銀行独自のローンやフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローンなどローン商品が多くてどれを選べばよいかわかりません。

他の人はどこを比較してローンを決めているのでしょうか。

特にわかりやすいのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動型の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行ごとに変わります。

みなさんが住宅ローンを探す際の参考にしてください。

住宅を買う際の資金調達で強い味方になる住宅ローンですがローンなのでもちろん審査に落ちることもあります。

基本的にローンに落ちる可能性が高い状況と言われているのが過去に別のローンを組んでいて支払いを滞納している場合や借り入れ希望額に対して年収が低いなどといった場合が挙げられます。

フラット35など多くのローンで言えることですが年間の返済額が年収の約3割までに収まっているかという部分も重要です。

例えば、今回のローンでの返済額は年収の3割以下に収まっていたとしても現在、他に車のローンやリフォームローンが残っていて年間支払額を合計すると超えてしまうといったこともあります。

テレビCMでおなじみのフラット35ですが、中古住宅でもローンを組めるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件を満たしていれば利用できます。

要件例としては、床面積の広さがマンションの場合は30㎡以上になっているか、購入価格が1億円以下の物件かなどの条件です。

他にも、中古ならではの条件があり、申込日の時点で竣工日から2年以上経過している、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で購入した物件に対してのローン借り換えを行う場合は新築ではなく中古物件扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を買う際にもご活用ください。

一般的にローンを組む場合、変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がお得に見える一方でただ、変動型の場合は逆に支払額が高くなるリスクもあります。

そのため、支払額が安定しないので返済計画も立てにくいです。

そういった方の場合は、長期間金利固定の固定型で各種ローンを契約することをお勧めします。

固定型と書いているように、返済期間中は支払額が変わらないので返済計画も立てやすいです。

もし支払額を下げようと考えるのであればデメリットとしては金利が下がっても支払額は変わらないことです。

住宅の購入を考えた際に、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、日銀による超低金利施策で低金利なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が何個もあります。

その中でも、「フラット35」という言葉を耳にしたことはありませんか?名称からはどんな特徴があるのか伝わりにくいですが通常の銀行ローンと一体何が違うのでしょうか。

メリットとしては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済時に手数料がかからないということがあります。

逆に、デメリットとしては、金利が変わらないので独自の審査基準になっているので借入できない可能性もあります。

固定金利で金利変動のリスクがないので選ぶ人も多いフラット35ですが、選ぶ際に金利以外で確認しなければいけない内容があります。

それは事務取扱手数料や登記関係でかかる諸費用です。

それ以外にも、繰り上げ返済手数料が手数料が必要なローンと不要なローンがあります。

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいに設定されているのが多いようです。

また、借り換える場合、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料や登記代などの支払いが発生します。

金利を下げて得られる借り換えメリットと諸費用を計算して今は、借り換えを行わないと判断する人もいます。